Posted by at

2010年02月09日

私は私。確認メモ☆

GESTALT GEBET

ゲシュタルトの祈り

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、
この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、
この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、
それは素敵なことだ。


wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。



Frederick Perls
フレデリック・パールズ










--------------------------------------------------



この『ゲシュタルトの祈り』をはじめて読んだとき、

なんか妙にさびしい気持ちになった。


それは、私が、

どこかで、

対人の中に、自己重要感や自己肯定を求め、

そのために、人に役立つ役割を演じていて、

自分の軸では生きてなかったから。






それから、


様々なことを体験し、成長していく中で、


なんて素晴らしい言葉なのだと、
心から思えるようになった。







そして、今。


あらためてそれを確認します。

  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 12:27Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年12月16日

シンデレラのハッピーエンドは魔法?

今日の福岡はちょいと寒いですね~☆

しかも、諸事情で、
ただいまエアコンが使えず★

足元用の電気ストープ生活な、
JTマキでっす!

おかげで頭スッキリ爽快・笑












え~、さてところで、



突然ですが、

ハッピーエンドの代表こと、

シンデレラのシンデレラストーリーですが、


(あのあとの続きの話は今回おいといて)




あれって、

魔法使いの魔法のおかげじゃないですぜ☆






お母さんが亡くなって、

新しい継母がきて、姉さんたちが増え、


そのうちお父さんも亡くなってしまい、


継母と姉さん方のお世話…

お手伝いさん状態になっても、

『灰かぶり姫』という意味(…だったと記憶してますが)の
シンデレラというあだ名をつけられても、



誰のせいにするでもなく、

継母や姉さん方に反抗するでもなく、


辛い状況でも明るく、
そして動物たちと仲良くして過ごし、




そんな自分の人生を受け入れ続けたシンデレラ。




そして、そうやって自分の人生を受け入れ、
前向きに生きてきたから、

魔法使いが現れた。




でもね。


魔法は、
シンデレラの外見を美しくしただけで、
心には魔法なんかかけてない。



もし、ただシンデレラが美しい姿だけの女性なら、
他に美しい女性なんてわんさといたはず。

なんせ、王子のお妃選びのために
催されたパーティーですぜ。

そりゃ、各地から美人どころが勢ぞろいしていたはず。



でも、
そんな中で、

ひときわ目をひいたシンデレラは、
持ち前の前向きさ、
心の美しさが、
きっと内面から溢れていて、
ぐんを抜いて輝いていたんだと思うよ。


そして、その内面の魅力ゆえ、
王子はずっとシンデレラと踊り続けたんだと思うのさ。





たしかに魔法使いが美しい姿にしてくれたけど、
王子のハートを掴んだのは、

魔法でなく、
シンデレラそのものの力、なんだと思う。



そして。


魔法が切れそうになり、
王子の前から姿を消したシンデレラを
国中あげて探したのも、


シンデレラがシンデレラだったから、
彼女のような女性が、
他にいなかったから。



でも、それだけじゃない。



お城から使いがシンデレラの家にも来たとき、



思い切って、
『私にもその靴を履かせてください』と、
勇気を出して進み出て、行動したから、



魔法使いが再び現れた。






別にシンデレラは、


たなぼた的な、

超・ラッキー娘なんかじゃない。



自分の人生を受け入れながらも、

それでも前向きに生き、

ここぞというときに勇気を出して行動したから、

王子の后になれたんだ。



彼女自身が、自分の人生を切り開いたんだ。





シンデレラのような超・ラッキー娘になりたいなら、



自分の人生を受け入れ、

前向きに生き、

自分をあきらめない。




そうすると、

潜在意識という名の魔法使いが、
あなたを後押しする奇跡を引き寄せる。




そして、

その時、


思い切って勇気を出すこと。




それだけ。
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 11:38Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年12月12日

タイミング

はいは~い、
風邪もひかずに、
元気にピンピンしているJTマキでっす!


最近、自分に負荷をかけてるのにまだ慣れず、
ちょいとあたふたしてますが★ 汗汗


ま、あたふたしている自分も、
楽しんでいる今日このごろです。





え~、話は変わって、
今日は、タイミングのお話を。






人生、縁とかタイミングって確実に存在すると思いマス。


そもそも宇宙には波があって、
みちしお、ひきしおのようなものがあり、

密集しているところとスカスカなところがあり、
一律で平均しておしなべて存在しているわけでもない。


一定のリズムがあり、
周期があり、
それがらせん状になって続いている感じかな。



ま、でも、今日は、
その自然なリズムで起こる、
自然派生的なタイミングの話ではなく、






何事も、タイミングだよね。という理由のもとに、

その自然派生的なタイミングを、
逆に止めている話。


機会がない、
縁がない、
タイミングがあわない、

それらを自分で止めてコントロールしているから、

機会も、
縁も、
タイミングもあわないように、
無意識に操作してることがあるよって話。




人間、変化するとき、
必ずリスクがともなうので、

それが良い変化であったとしても、
変化することに対して、強烈なブレーキやブロックがかかる。

さらに、それが大きな変化であればあるほど、
ブレーキやブロックもより大きなものとなります。





縁がない、
機会がない、
タイミングが合わないとき、



それは自然派生的なものなのか?

それとも、

変化しないことで助かっていることがないか?


同時に疑ってみることをオススメします。





そしてそれを見分ける方法は…



まずは、


言葉じゃなくて態度に出ているか?


何かしらの行動をしているか?




口先では、

いや~タイミングがあわなくてねぇ~と言いながら、
それに対して何も行動していない場合。

これはタイミングがあわないということを理由にして、
そもそも、そうするつもりがない人。




そして、
さらに巧妙になると、
表向きは言ってるし、行動してるけど、
行動してるフリをしていながら、

望む結果に結びつかないように、
無意識に自分で止めている人。




…というもの。


しかも、これって、

自分があえてそうやっている場合と、

そうじゃないのに、
~したいのにできない。
というように、
なんらかのメンタルブロックや
ブレーキがかかっている場合がある。



そしてそれは、無意識下でやっていることなので、
自分では気付かなかったりもします。



ま、そういう厄介なジレンマや、
葛藤が生じているときは、

まずはお訪ねくださいませ。



Jewelry Therapy Salon“I*D”
http://pohlly.com


今日・明日は、サロン開放してマッス!
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 12:19Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年12月06日

やりがいのある仕事、天職に出合いたいなら…

自分がやりたいと思っている仕事、

天職に出合いたい☆と思っているなら、


まずは、
靴を揃えること。


つまり、

些細なことをきちんとやる。

ことだと思う。







頼まれたコピー 一枚、

頼まれたお茶の 一杯、

書類を渡すときの渡し方、



ほんとうにツマラナイ、些細なことをきちんとやる。





こんな小さな仕事、

こんな誰でもできる仕事、


…と、あなどるなかれ。






簡単な、誰でも出来る仕事を、
当たり前に、


いえ、それ以上に出来るようになる。




どうせやるなら、その道を極める。




まずは、そういう簡単なことでも、
手を抜かずにやれるようになる。




ツマラナイことをツマラナイ仕事にしない。




まずは、そういう小さなことが出来ないと、

やりがいのある仕事、

大きな仕事なんて取り組めるはずがない。







…考えてみたらいい。


あなたが上司になったとして、

小さなことさえ出来ない人に、
大事な仕事を任せようと思いますか?



あなたが、上司なら、
コピー一枚、ロクにとれない人に、

重要な仕事を任せたくなりますか?







小さなことでも、手を抜かず、

ツマラナイ仕事を面白く、

与えられた範囲内で仕上げるのではなく、

それにプラスアルファしてこなすことができていると、




アイツにコレを任せてみたらどうなるかな?



…と、思わずにはいられなくなる。






そして、
人は、見てないようで、見ている。




そして、出来るヒトであればあるほど、

そういう些細なことを見逃さずに、
ちゃんと見ているのだ。


もちろん、
誰かが見ているから…と、
それをアテにしてやる、ということではない。



誰が見てようと見ていないと、
それを抜擢してくれる、くれないと、
関係なく、



些細なことでも手を抜かず、
当たり前のことを丁寧にきちんとこなすことができる力は、

間違いなく、自分の身になる。


そして、


それが力になり、



それが自信になり、


自分がやりたいことは何か?
自分にとって得意なことは何か?

見極めがつくようになり、



やりがいのある仕事を任せてもらえるようになったり、

天職といわれるような職へとつながっていくのだと思う。




私にはなんでこんなツマラナイ仕事ばっかり★と思わずに、

それと向き合うと、

案外奥が深かったり、


何かが見えてくると思う。






なんせ、

私も、実際、



高校を出て、本来就きたくないOLになり、
日曜日の夜が憂鬱で、
逃げ出したくなるくらい、死ぬほど嫌だった日々の中で、


ただ当たり前のことをやってきた。


そして、それにちょっとだけプラスして、
頼まれた人のタイプの応じて、
仕事の仕方を変えたり、

効率の良い方法を自分なりに考えたり、

お茶一杯入れる入れ方も、
一人一人の好みに合わせて工夫した日々があり、


それをクリアしてきたから、

1年もたたない間に、
支店に増設したオフコンを教えに行くようになり、

掛け持ち禁止の会社で、
博覧会のキャンギャルに受かり、退職しようとして、
直前まで在籍してほしいと頼まれたり、


その後、
仕事を辞めても、

特別、就活しなくても、
誰かから声がかかり、
すぐに職が決まったり…


…してきたのだ。


そして、それは、私が特別デキルから、
ではなく、

たんたんと当たり前のことをやり、

一見、ツマラナイ仕事と思える仕事にちょっとだけ工夫し、

プラスしてきただけで、

特別難しいことはしておらず、

誰でもやろうと思えばできることなのだ。



そして、
それをやるかどうか?

…だけで、



それはあなた次第、なのだ☆
  
タグ :天職


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 18:59Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年12月05日

真実。

真実に直面することは、時として怖い。

そして、真実を受け入れるのは、時として痛い。




真実を見ない、ということは、

だんだん太ってきて、
太ってきた体を見ないように、
鏡に自分の姿を映さないのに似ています。


あるいは、
映りのよい写真だけ、
チョイスしてアルバムに並べているようなもの。




太ってきている自分の体を見たくなくて、
鏡の前に立たないのは分かりますが、

それは自分だけが見てないだけであって、

だんだんと太っていくあなたの姿は、
みんな見ています。




映りのよい写真ばかりチョイスして、
アルバムに並べても、
それ以外の顔も、

やはりみんなが見ています。





見てないのは、自分だけ。

知らんふりをしているのは、自分だけ。







自分だけが、事実に直面していないだけで、
他の人は見てる。



人にはそんな姿をさらしているのに、
自分だけ見てない。




…それって、ある意味怖くないっすか?




太ってきた体をちゃんと鏡に映して、
どこがどう太ってきたのか?

事実を認識して、

ダイエットするなり、

体形をカバーするように着こなしを考えたり、

なんらかの対策を講じれば、それで済むんです。


あるは、ここで思い切って、
ありのままの自分を受け入れるとか。





写真だってそう。

自分がOKだと思う顔だけ自分。

そうやって一部分だけ自分にOKを出してみても、


あなた以外の人は、
みんなそれ以外のあなたをすでに見ているのです。





そして、案外、


自分のココが嫌い。

自分のココが醜い。



…と思っているのは、自分だけで、


気にしているのは自分だけで、


人は見てるようで見てなかったりして、

気付いてないことさえあるってことも、あるんです。



なんせ、多くの人は、
みんなそれぞれ、
そういうふうに思っている部分を
ヒヤヒヤしながら隠そう隠そうと必死で、
人のことなんて、すみからすみまでチェックする余裕なんて
なかったり、




あるいは、
あなただけが、気に入らないだけで、
他の人はそこがカワイイ☆素敵☆チャーミング♪と
思ってることだってあるんです。



いや、それ以前に、
そんなこと、どーだっていい。
そんなことがほとんどです。



真実の鏡を見るのは怖いかもしれないけど、

案外、鏡に等身大の自分を映してみると、

そうまんざらでもないかもよ♪




あるいは、アイタタタ★と思うような

痛みを感じるかもしれないけれど、

それを周囲にさらし続けて、
自分だけ見てないフリをするより、

もっと心がラクになるかもよ♪

もしもそんな自分を改善したら、
今までよりずっと素敵になれるかもよ♪



そして、周囲にも、
今まで見ないようにしていた自分の隠れた部分を
抑圧して投影することがなくなるので、

嫌な人や自分を困らせる人がいなくなるかもよ♪




さてさて、あなたはどうする?
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 14:08Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年11月30日

私の成分表。

見て見て。











先週の私の東京セミナーで、


ちょっと思いつきでやってもらった


『私の成分表』


もちろん、私も書きましてん。

そして、その図がコレ。



適当 50%

感受性 40%

純粋なエネルギー 40%

その他 20%


…って、


あれ?



なんか変なの、分かります?


円グラフって、円で100%、

…なのに、

150%




笑。




はい、すんまっしぇんっ!



マジで、ワタシ、適当です。


ええ、なんたって50%が適当なんですから。


ええ、四角い部屋を丸く掃くタイプですわ。


(やるときゃとことんやりますけど、
おおむね普段はテキトーなのだ☆)



それに、150%満点の円グラフ、


…としても、


割合的にも半分とかあり得んし。笑


しかも、受講生さんに指摘されとるし。笑笑

サイテーやね。爆!




そして、適当。50%の割合は、
全体の150%の1/3だけど、
感覚的には半分、なんだと思う。





でね、


実際、



かつて、

遠い過去、
この『適当』を自分で認めることができなくて、
完璧主義を唱えていた神経質だった頃の私は、



自分の半分しか活用できてなかった。



半分といっても、

それは150%のうちの100%、

2/3もあるのに、

1/2、半分、

50%の自分しか、発揮でけへんかった。



…しかも、それを指摘されたくないとがんばればがんばるほど、

バッシングに遭い、

相当な風当たりを受けておりましたがな★




…その上、

一人で三人分くらい背負ってて、
めっさしんどいのに、
力づくで何もかも乗り越えてきた。



それも、人のためになることをやっているのに、

またまたバッシングに遭い、

こてんぱんにやっつけられてましたがな★






ま、そのおかげで、

踏まれても踏まれても、生えてくる雑草のように、
なまじ折れない心が育ったし、


高地トレーニングなみの負荷を自分にかけたことで、

たいていのことはラク~にできるワタシになった。



そんで、そんな過去の自分も、

また自分の一面であり、

そんな自分もOKだし、



今の超・適当を認めたワタシもOKなのだ。



で、適当なワタシを認めたら、
半分の力しか出せなかった自分が、
倍に使えるようになってん。


倍に使えるようになっただけでなく、
他の人の適当も、許せるようになったんで、

人間関係において、

キィィィィィ(>_<)~となることがない。



そして、バッシングも受けなくなった。


風当たりが強くなることもなくなった。



自分の適当を受け入れただけで、この様変わりようは笑える。





講師だからしっかりしなくちゃ!

なんて思ってへんから、

受講生もリラックスして聞いてくれるし、

ああ、人間、そんなんでええんやわ~と、
ほっとしてもらえるオマケもついた。





欠点をなくせば、魅力が消える。

嫌いな部分を切り捨てれば、それだけ自分の力が減る。



欠点や嫌いなところは、
努力してなおすのではない。



それは、光が当たって出来る影を
必死で消そうとしているようなもの。




欠点や嫌いなところは、



ああ、自分にはそんなところもあるんだな。と、

ただ、ある。と認めるだけでいい。


そもそも、それを欠点とか悪いとか、
ジャッジする必要もない。





ただ、そうなんだと認めるだけでいい。




それだけで、


あなたの魅力は倍増するし、

持っている力が使えるのだ。



それは、


光あるところに影あり。

ただそれだけのことなのだから。。。
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 23:20Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年09月14日

すべては上手くいっている。

今朝、用事があって、外出したら、

先週から、

ちょこっとずつ気になっていたことが、

つながって、

すごーい伏線なってることに気付きましてん。




人生って、

意味があると思えば、

そこに意味が生まれるし、




変えようと思えば、変えることもできる。



そしてそれは、自分しだいで、



ヒントもチャンスも、

ちょっと気をつけるだけで、

あちこちに転がっている。





それはまるで、はるか昔の人が、

点々と輝いている、夜空の星たちを、

見えない線でつなぎ、

色んな人物や形やモノにと置き換えて、

星座に見立て、

さらに神話と結びつけて、物語へと発展させたように、




一見すると、なんの意味もないようなものに、

意味を見出そうとするだけで、


何の関係もなさげに出合ったり、見つけたものでも、

何らかの関連を見つけようとしただけで、


もうそれは、ただのモノではなく、

意味のある、価値あるモノへと変化する。









そして、それは、モノだけでなく、

生きる、という上においても、おんなじで、

私の人生も、あなたの人生も、


意味を見出そうとしたとき、

そこに意味が生まれてくるんじゃないのかな。




そして、

それらはすべて必然で、

すべては上手くいってるんだ。


きっと。
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 13:06Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年09月03日

自分は無罪で他人は○○

うへ~(*_*)

なんか、選挙が終ったと思ったら、

こっちもなんかドタバタしだしたぜぃ☆


9月から本気出す!

…というメモはしとらんのに、
なぜかあわただしいです・笑
(うちわネタ)


さてところで、

昨日、

今泉の某お寺の門前に、

こんなお言葉が☆


『ひとは皆、裁判官

自分は無罪で

他人は有罪』




爆!




なかなかいいとこツイてるねぇ~☆


う~ん、ツイテルツイテル♪
(意味まったく違うけど、なんか縁起いいので言ってみた)





でさ、でさ、




自分は無罪で

他人は有罪。という、





そのココロの奥にはね、


何があるかってぇとさ、




実は、




ちょっとズルしたり、

ちょっと嘘をついてみたり、

ちよっと意地悪をしてみたり、

ちょっと人様をねたんでみたり、

…している自分が、


ちょっとだけいて、




そして、自分のことは自分がちゃーんと知っていて、





もしかしたら、自分は悪いのかも?



…っていう気持ちを、うすうす知っているけど、




それは見たくないし、

肯定すれば、

自分は有罪★


という審判を下さなくてはにゃらなくなりそうで、
怖いという気持ちと、


うしろめたさと、


それを認めたくない自分がいるから、



あえて、


わざわざ、自分をあえて無罪にする必要があるんじゃよ。







You See?



自分にも悪いとこがあるって思うなら、
自分も有罪、他人も有罪やん。

じゃなきゃ、

お互い様で相殺して、

自分、無罪にするけん、他人も無罪でええやん。




なのに、

自分は無罪で他人は有罪判定を、
わざわざせなならんのか?


…っちゅうことですわ。





ほら、

あいつもズルしてるし、

あの人もウラでかげ口言ってるし、

まじめそうなアノ人でさえ、サボったりすることあるし、


そんなら、

自分も他人も同じやん、

そして、ちょっとだけやん、

いい加減、

ちょっとぐらい悪い子の自分を認めて、


お互い様で許したらええのんとちゃうのんと、ちゃうかいな?



なんせ、自分のことは自分がちゃーんと知っていて、


うすうす分かっているけど、

そんな悪い子の自分、許したらアカン★と、

意固地になって頑張ってる。



意固地になっていい子で頑張ってるから、
その頑張りを肯定せなアカンから、

自分、無罪判定したらなアカン。


でも、
本当は、うすうす、自分の中に悪い子もおる。



でも、それは認めたくない(>_<)


その繰り返し。



…そうしていると、



あなたの身近な人が、

あなたが隠している悪い子を、

ばっちり映してくれる人が現れます。

(これを投影言いますねん)





だから、他人は有罪。


そして、実はこれは、有罪だと思っている自分の悪い子の部分。

でも、あるんだな~。




じつは、自分無罪、他人有罪のウラには、

こんなカラクリが隠れてるんだな☆












…それにしても、


人は皆、裁判官

自分は無罪で

他人は有罪


いいとこツイテルわ。


う~ん、ツイテルツイテル♪


  
タグ :投影


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 13:09Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年08月25日

向いていないことがあるなら…

何かにとことん向いていないとするなら、

何かにとことん向いているということの裏返しでもある。



by 安田佳生


株式会社ワイキューブ
https://www.y-cube.co.jp/



…ってよ☆









私も、ときどき、人に、
『何でも出来てスゴいね~』と言われることがあるけど、

それはね、

自分が好きで、得意なことしかやってないから、
何でもできるように見えてるだけでっす。


へへへ。。。



で、そうしていると、


一見、向いていないと思えることに、
挑戦しないといけない状況になったとき、


ダメもとで挑戦できたりするんだな。


そんで、意外と出来ちゃったりするんだな。







子供の教育で、

確か、

その子の得意な科目をどんどんやらせていると、

自然と、不得意なことが、

だんだん底上げされてくる…ってことを

聞いたことがあるだけど、



たぶん、それと同じなのかも。









だから、もし、

私のココを直したい! と、

悪戦苦闘していて、それが直らないなら、

それはいったん脇に置いて、

自分が好きな部分、得意な部分を
もっと全面に出したらええんとちゃうのかな?






もし、コレが出来ない!と、
悪戦苦闘しているなら、

それはいったん脇に置いて、

自分が得意なものをやったらええんとちゃうかな?




そして、
一見すると偏ったように見えることをしても、
ええんとちゃうかな?


人間、オールマイティーやないし、
出来ないことは、
それが得意な人の活躍する場所として、
どんどん提供したらええんとちゃうかな?





そして、

たぶん、

それが不得意なのは、


何か他に得意な、

あなたの気質に合っていて、向いているような、

あなたの才能を伸ばせるような、

そんな、

あなたがラクに自分の良さを発揮できるジャンルが、
あるのだと思うんだな。




うん、きっと絶対、そうだよ。






写真は、高千穂くしふる神社、
パワースポットから見た上空☆

パワーが降り注いでマス♪

  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 10:43Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年08月18日

あなたの人生の優先順位は?

はいは~い、

昨日はみなさま、
あたたかいメッセをたくさんたくさん
ありがとうございましたっ!

こんなにあたたかいメッセをたくさんいただけた私は、
果報者☆でござる♪




さてさてところで、

誕生日イヴの日に、

自分の人生の中で大切なものを
つらつらとリストップしてみた。




○健康
○愛(すんごい広い意味でね)
○自分が自分であること
○創造・クリエイティブ
○絆(パートナー、仲間、私の周囲の人とのつながり)
○楽しむ
○お金
○チャレンジ(進化、変容)
○美意識(内面・外面ともに美しくあること)
○愛嬌♪


ま、とりあえず思いついた順から書いたらこうなった。



で、これに順位をつけると…



1 健康
2 自分が自分であること
3 絆(パートナー、仲間、私の周囲の人とのつながり)
4 創造・クリエイティブ
5 お金
6 愛(すんごい広い意味でね)
7 楽しむ
8 チャレンジ(進化、変容)
9 美意識(内面・外面ともに美しくあること)
10 愛嬌♪


…って感じ。

ベスト3は不動だな。

まず健康でなくちゃ、何も始まらないし、
自分が自分でなきゃ、生きてる意味がない。
ほんで、自分だけじゃなく、
人と関わり、つながるからこそ、
人生が何倍にもふくらむもんね。



愛よりお金が上だけど・笑
3位の絆は、愛の要素の一部だと思うので、
ま、それはスルーしてねん。

たぶん、順位を上にしなくてもいいほど、
今はたくさんの愛に囲まれてるから、
大切と感じないだけだと思いマス。

きゃ~、なんて贅沢☆



でさ、

なんで優先順位をつけるかというと、

人生は有限で、限りがあるっしょ。



ふだんはそんなに考えないけど。



人生は一度きりで、毎日が本番。
リハーサルはないし、

それにいつ終るか分からない。



だから、優先順位をつけて、
(ときどき再確認して)
大切な順から大切にしていかないとね。



それをあらためて思い知ったのは、
2005年3月、
福岡ではあり得ん★と思われていた
福岡西方沖地震。

震度6弱。



震度5強と、震度6弱って、
すんごい違う。
人間『怖い』と思えるのは、
震度5強までやね。。。



そのあとは、『怖い』を通り越す。


『死ぬかも★』って、初めてマジで思った。



で、そのとき初めて
『まだ死にたくないっ!』って思った。


けっこう、それまで、
やりたいことやってきてたはずだったけど、
中途半端で、やり貫いてない。


あのときは、
ピヨピヨのジュエリー作家で、
会社と二足のわらじで、
ようやく念願のアトリエ兼店(それも週末だけ)を開いた直後で、
このままのたのたやってお金だけ支出してたらアカン★
そう決意させる出来事やった。




話はとぶけど、
藤原紀香さんも、
阪神大震災で被災し、
それで思い切って上京する決意をして、
東京へ行き、あのようになったとさ。


いや~、
あの紀香さんでも、
そんなことに遭遇しない限り、
『思い切る』こと、『人生の大きな決断』って、
勇気いるんだね。





ま、地震のおかげで、
会社を辞めて、今の仕事に専念する決断をしたから、
ただの趣味の延長、
ただのジュエリー作家ではない仕事への道、
ジュエリーセラピストという、
私しかできない仕事を
切り開くことができましてん。


でもって、
最初の一歩を出すのに、
勇気はいるけど、
その後、二歩、三歩と出すのは、
たいして労力がいらない。

なにしろ、出した一歩に重心を乗せれば、
自然と次の一歩は出せるんだよね。。。



一歩だしたら、全体重をのせる。

一歩出したら、自分の全部を賭けるってのが、
次の一歩を出すための最善策だと分かってくると、


何事も中途半端に恐る恐るやることの方が
いかに怖いか、恐ろしいか、分かってくる。


まー、それもまた、
最初の一歩を出せば、
自然と分かることだけどね。


もちろん、
一歩一歩歩き続けるのにも、
ちゃんとそれなりに必要なことはあるけどさ、

それは歩いていかないと分からないんだわ。




でもって、

まだそんなに時間が経ってないから、


より最初の一歩の踏み出し方とか、
勇気の出し方とか、
その他etc…が、

まだリアルに体感として残っているから、

これから一歩を踏み出したいな~と
思っている人に、

伝えられることがあるんです。


で、

別に私のように『死にそう★』な思いをする必要もなく、



勇気いるよ♪と言いながら、
実は、勇気そのものではない『あること』の方が
重要だったりと、


まー、体験してみないと分からないけど、
体験者から教えてもらうだけで済むことも
あるワケさ。


どうせ労力使うなら、
それから先に進む方に体力温存して、
もっと先に進んでいただきたいし。



なにせ、人生は一度きりやし。


…ってことで、

なんかふつふつ、もや~んとしているアナタとか、
自分ってこんなもん。と、早々にあきらめたくないとか、
なんか分からんけど、何か面白いことしたいとか、
人生をもっと楽しく幸せにしたいとか、

なんか、自分の人生に対して『思うこと』が
ある人はこちらへ↓




福岡

30時間で、人生を198%明るく幸せにする『自分創り』研修
詳細・申込みはこちら
http://kensyu.miz-tm.com/index.html



☆東京
“I*D”ジュエリーセラピスト・マキin 東京 四谷
『Happy☆Rush』 セミナー、トークライブ、
セラピューティックジュエリー展示会

詳細とお申込みはこちら↓
http://homepage3.nifty.com/poh-pohlly/happyrushtourTokyo.htm





お問合せはこちら↓
https://ssl.formman.com/form/pc/Kly8z2kP19evvowT/

携帯の人はこっちから問合せしてねん♪
https://ssl.formman.com/form/pc/u6Z7kePaMx2d7IUN/




…っちゅうことで、


どうせやるなら、

同じような時期に、
同じようなこと考えている仲間と、
一緒にやる方が、

効果もあがるし、
楽しいよん♪



それに、私が実際に経験して、
ここまで至ることができた方法やし。

いや、私だけでなく、先駆者も使った方法やし。


机上の空論じゃないし。





また、この機会に、
自分の人生の優先順位、
大切なこと、ものって何か?

一度考えてみてねん☆

  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 13:11Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年08月16日

それでいいのだ☆

誰にでも人なつっこく、
すぐにうちとけられる人は、

度が過ぎると、

自分と他人の境界線があいまいになり、
自分を見失う。




人見知りな子は、
なかなか人とうちとけるのに時間がかかるけど、

仲良くなると、
とことん誠意を持って接してくれる。






明るく元気なポジティブっ子は、

下手をすると、

悲しい、寂しいなどの感情を
無意識のうちに抑圧して、
ネガティブな感情を感じられなくなり、
心に募らせていく。



誰からみてもいい子は、
ただのいい子。 に専念し、
個性の出し方が分からなくなる。


自立して、何でも出来る子は、
助けてもらうタイミングが分からず、
自滅したりする。








よく言えば○○で、


悪く言えば××になる。




光を見れば、明るいし、

影を見れば暗い。




影があるから光のりんかくが際立つし、

どちらか一方だけでは成立しないのだ。




そう、物事は表裏一体なのだ。




どれがいいとか、
どれがいけないとか、


どうあるべきとか、


どう見られてるか?とか、



そんなことをつらつら考えるより、





自分は自分。






そのまんまの自分でええんやと思う。



それも、


外交的な自分もあり、

内向的な自分もあり、


それを使い分けたらええんやと思う。






それでいいのだ。




ま、

何事も、

適当に、

良い加減に。




…ですわ。



  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 11:10Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年08月04日

相当、適当、いい加減

実はわたくし、

ジュエリー制作とか、
イメージ表現とか、
自分のコアな部分を表現したり、
それを究めていくときは、

と~っても厳しいのですが、



それ以外は、いたって適当。



そう、実は、『適当姉ちゃん』 笑




どっちかっつーと、
四角い部屋を丸く掃くタイプ。




料理も、お菓子以外は適当。
お菓子は分量が違うと、完成しないので、
それだけはきちんと量るけど、
他の料理は、
味をイメージして調味料を適当に入れる。

あとは味見で修正。


しかも、我が家の包丁はキレが悪いので、
下手すると、
たんざく千切りびらびらアート★が完成するけど、

それもまたお茶目ということで、気にしない。





料理に関しては、なんだかんだ言っても、
ただ今ワケありで休業ちうだけど、
プロの料理人である相方くんに、
『をい』と一言、そしてニヤ~リと、
暗黙ツっこみ入れられますが、
味での失敗はあまりないので、とりあえず恩赦が出る。


…なので、よし。 ←勝手に自分に許可。爆






読みまつがい、
聞きまつがい、
見まつがい、

フツーにけっこうあります。


思い違い、
早とちり、
おっちょこちょい、

フツーにけっこうあります。




いつぞやは、

地下街のトイレが改装し、

男性トイレと女性トイレの位置が変わったとき、

それに気付かず、

ずんずん男性トイレに入り、

その設備の違いを見て、

あわてて間違いに気付いたことも★


いや~、誰もいなくてよかったよ。 汗汗





…っーことで、

相当、適当、いい加減、でございます。





昨日も、

同じ場所に同じ色を塗る。という、
簡単な作業でも、見事に間違った。



どうやら、見本どおり、お手本どうりというのも
苦手らしい。






でね、

こーゆー、適当さ、いい加減な自分がいると、

なんだか自分にほっとする。






それは、

カンペキにこなそうとする妙な緊張感も、

言われた通りに的確にやるという、役割も、

いい感じで放棄できてるんだなぁとか、

失敗したり、ミスしたりする自分を許可できてるな~とか、

なんだかそんなふうに感じている自分がいるってことが、

なんか、ほっとするんだよね。







で、そんな自分でいると、

それが自分に許可できてて、野放しでいるから、

なんか、人の失敗とか間違いとかも、

ほとんど気にならなくなった。








自分を許すことは、相手を許すことと同じって、
心理学では言うけど、





自分に許可を与えず、
自分に厳しく、我慢させていると、


誰かがその我慢していることをしゃーしゃーとやったときに、

『キィーーーーーーーー』ってなりやすい。




たとえて言うなら、

ダイエットして甘いもの我慢しているときに、

目の前で美味しそうにケーキ食べてる人にムカつく★

って感じかな。



自分は我慢してんのに、何よっ!
これみよがしに、よりによって私の目の前で
ケーキなんか旨そうに食いやがってっ!


…っていう状態。




ま、そーゆーのを、

抑圧して投影している。

…っていうんだけどさ、



その『キィーーーーーーー』が多くて、

それが嫌★っていうときは、







まず、自分が無意識に我慢していることは何か?

自分が許していない自分に気付いて、認めてみる。


そしてそれを手放したいと思ったら、
それを許す。許可を出すこと。





で、それがなかなか出来ないからと言って、
自分を責める必要もないんだよ。




なにしろ、人は生まれながらにして『完全』で、

あなた自身に何かの欠陥があるのではなく、


ただ、未熟なだけで、

『完璧』ではなく、

それを学びにきているんだから、


それでいいんだよ。






私も、あなたもね。





  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 11:58Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年08月03日

ココロの赴くままに

先日、
半年間に渡る、
『自分を知る』セルフコーチングマップセミナーを
受講してくださっていたももさんから、

素敵な感想と写真をいただきました。


自分を知るセルフコーチングマップセミナー
http://homepage3.nifty.com/poh-pohlly/SelfCoachingMapseminerLesson.htm



***ももさんより****

自分のことが嫌いで仕方がなかった私が、
だんだん好きに変わっていきました。
とても貴重な時間でした。

最近は、「海に行きたいな!」と思えば海に行くようになり、
「今、この写真を撮りたい!」という時は撮るようになりました。


***********************************************************





>「海に行きたいな!」と思えば海に行くようになり、

>「今、この写真を撮りたい!」という時は撮る


心が赴くままに行動する。


とてもシンプルなことですが、





自分が好きになれなかったり、

自分に自信がないときは、


なかなかそれが単純にできなかったりします。





なにせ、

自分が嫌いなのだから、

嫌いな自分がやることは、好きじゃないし、



自分に自信がないから、

自分の思い、行動に対しても、

OKが出せなかったりするんです。










>「海に行きたいな!」と思えば海に行くようになり、

>「今、この写真を撮りたい!」という時は撮る


そんな、一見するとなんでもないようなことだけど、

心が赴くままに行動出来るようになった。




それは、自分を肯定することが出来ている証拠☆

自分を受け入れることができて、OKが出せている証拠☆



ももちゃん、やったね♪










写真はももちゃんが撮った写真。

空から海へと、かすかに光が差し込む
とても繊細で静かで美しい風景。


なんだか彼女の感性そのものです。




ありがとね。




  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 10:21Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年07月18日

キラキラ☆

キラキラ輝いている人はね、


何不自由なく、

いいこと、楽しいこと、幸せなこと、

ツイてること、運がいい


…だけじゃないんだよね。





明るく前向きで元気で能天気そうに見える人も、


本当は能天気で過ごしてきたワケじゃないんだよ。











光あるところに影あり。



その輝きや、明るさは、

黒く濃く縁取られた、

痛みとか苦しみとか悲しみとか孤独とか

裏切りとか妬みとか…

そんな暗い闇を持っているから…なんだ。





そしてね、

それらの出来事を、

一つ一つ、


まるで真珠貝が、

貝の中に入ってきた異物で、

自分を傷つけないように、

くるくると自分の体液で巻いて、

真珠を生み出すように、





それらを受け入れ、自分のものにするために、

輝きと明るさに変えているんだよ。






スピリチュアルカウンセラーの江原サンはね、

『傷つく』ことは『磨かれる』ということだって、

おっしゃいます。





実際、ピカピカに磨くには、

ヤスリで傷をつけていくんです。

粗い目のやすりから、どんどん細かいやすりに変えて、

粗い傷から細かい傷へ、

なんども削って傷をつける。



その傷が、目に見えない傷になったとき、

表面がピカピカになり、

キラキラと輝くのです。





だから、

自分には何でこんなことばかり起こるのだろう、とか、

自分はなんでこんなに傷つくのだろう、とか、

自分ばかりなんでこんな目に遭うのだろう、とか、

そんな経験をしたとき、

そんな経験をしているとき、


『自分は、キラキラになるために磨かれている』

そのプロセスなのだと、

あなたはキラキラ輝く権利を与えられているのだと、

そんな自分をどうか『偉いぞよくやってるぞ』って、

褒めてあげてください。

認めてあげてださい。






もし、

自分だけなんでいつもこうで、
人のことがよく見えたり、

自分はもっと出来るのに、
なんであの人の方が目立っているのかと、
不満やギモンを持ったり、

うらやんだり、
妬みたくなる気持ちが湧いてきたとき、



それは、
あなた自身が、本当の自分の尊さを知っているから。



本当は、自分はもっと評価されるに値する人なのだ。

本当はもっと脚光を浴びる才能を持っているのだ。

本当はもっとそれを発揮して活躍したい。


そんな気持ちがあるから、

羨ましいと思う相手と同じか、
それ以上やれる☆という気持ちがどこかにあるから、

そんな気持ちを抱いているのでしょう。



だから、

そういうときは、自分の持っている力を

出し惜しみせず、

恥ずかしがらず、

最大に発揮してみてください。



必ず、あなたはそうなるハズ。

そして、それを自分が一番知っているハズ。




だから、

うらやんだり、

ねたんだりしてしまう自分の気持ちを、

大切にしてあげてください。




そして、
その思いが深いぶんだけ、

自分は出来る人なのだと、
自分を尊んでください。






世の中には、

愛しか存在しません。




うらみやねたみ、そしりは、
愛の裏返しなのです。




そして、あなたという人も、

愛そのものの存在なのですから。

  
タグ :光と影


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 13:02Comments(2)オンリーワンセラピー

2009年07月17日

自信ってさ、

自信ってさ、


何かをしたから、


ついてくるもの。







…だと思ってた?











確かに、技術系のもの、訓練系のものは、
それだけ時間をかけて、
自分が出来るだけベストを尽くしたんだから、

大丈夫、やれるって自信につながっていくけど、





でも、









何かをやっても、
ベストを尽くしても、
勉強しても、
がんばってがんばっても、





それでも自信がないときはね、





【自信】がないんじゃなくて、

【安心感】がないんだよね。








赤ちゃんや子供が好奇心旺盛で、
何かにどんどんチャレンジしていくとき、


おとーさん とか おかーさん とか、
周りのオトナたちが、
ちゃんと自分を見守ってくれてるっていう、
安心感があるから、

どんどん色んなものに挑戦していけるんだよね。






脳科学者の茂木サンもよく言ってるけど、

何をしても大丈夫という【安全地帯】を、
コドモに作ることがとっても大切なんだよって。





親が不機嫌で、イライラしてて、
何かすると怒鳴られたり、手をあげられたりしていると、
一番【安全地帯】になるはずの家が、
そうでなくなる。



でも、
そんな家で育った子でも、大丈夫。




なにせ、アタシがそうだから。

ずーーーーーっと何をしても、
がんばっても、
ずーーーーーっと自信なかった。


今でも、そんなとき、あるよ。





今はオトナの手を借りなくても、
生きていける自分がいる。


だから、
自分が自分に大丈夫だよって、
言い続けてあげるんだ。


だから、
安心してぼーっとする時間を
ちょっとでも持つようにしてるんだ。




そして、




自信のない自分でもイインダヨ。って、

そんなよわよわな自分を受け入れてあげるんだ。




だから、

あなたも大丈夫だよ。

  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 11:50Comments(0)オンリーワンセラピー

2009年01月11日

大切な人を幸せにする方法

大切な人を幸せにしたいなら、



まずはあなたが自分を幸せにしてあげましょう。






なぜって?






あなたが大切な人の幸せな姿を見ていると、

幸せを感じられるのなら、







あなたが幸せであれば、

大切な人も幸せを感じられるからです。








大切な人のために、

無理したり、

自分を犠牲にしないでください。





大切な人が無理したり、

自分のために犠牲になって尽くしてくれても、

喜べないように、





あなたの大切な人も、

あなたが大切な人のために犠牲になるのは、

喜べないからです。







強い自分でなくてもいいんです。


弱さを出してもいいんです。


完全でなくてもいいんです。





それは、



大切な人に、



強くなくてもいいんだよ


弱くてもいいんだよ

完全じゃなくてもいいんだよ



と、許していることと同じなのです。









あなたがあなたのままでいたら、

もうそれだけでいいんです。






あなたのままでいてくれたら、

もう、それだけでいいんです。
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 12:17Comments(0)オンリーワンセラピー

2007年05月28日

傷つけられた、ということ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
もっと、オンリーワン!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




突然ですが、


あの人の一言で、私は傷ついた。



あの人のあの行動で、私は傷ついた。





…と、言ったりしますが、








果たして、本当に、


相手の一言が、あなたを“傷つけた”のでしょうか?









ところで、





“あなたって、ダメな人間ね”とか、



“あなたって、役にたたない人よね”とか、



言われたと、します。









もし、あなたが、



“自分を誇りに思っている”人なら、



“あなたって、ダメな人間ね”といわれても、



“いや、そんなこと、ないよ。” と、反論することでしょう。









もし、あなたが、



“自分は何かしらの役に立っている”と思っている人なら、



“あなたって、役にたたない人よね”と言われても、



“いや、そんなこと、ないよ。” と、反論することでしょう。










そう、実は、





“あなたって、ダメな人間ね”とか、





“あなたって、役にたたない人よね”とか、






言われて、傷つく人は、心のどこかで、










“自分って、ダメな人間ね”とか、



“自分って、役にたたない人だ”と、




心のどこかで思っていませんか?










そして、それを


誰かから指摘されるような言葉を聞いて、


“傷つけられた!”と思っていませんか?











一見、相手に“傷つけられた”と思うことの中に、







自分で自分を卑下したり、





自分が自分を大切にしていないことが





ありませんか?












****** 今日のオンリーワンセラピー ******


さて、


傷つけられた!と、すぐに思ってしまう人、







いつまで“傷つけられた!”と、



被害者でいますか?









これからもずっと、



私は被害者、として、




自分を可哀想な人にしておきますか?











可哀想な自分でいることが、好きですか?












それとも、



自分には、こんないい所もあるし、





こんな素敵な所もあると、






自分の良さを探して、










誰に何を言われても、





傷つかない人になりますか?










被害者を続けるのも、




被害者をやめるのも、




あなたしだい、








…なんです。


***************************************
ジュエリーセラピーショップI*D
***************************************
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 15:59Comments(0)オンリーワンセラピー

2007年05月18日

魅力

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
もっと、オンリーワン!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今回は“魅力”について。




あなたの“魅力”、


“チャームポイント”はどこですか?






目?


唇?


つやつやの髪?


長いまつげ?







…これといって、ない?







自分のチャームポイントが分からなくても、



チャームポイントが見つからなくても、大丈夫。







チャームポイントって、


意外にも、自分が“欠点”と思っている所が、


実は“チャームポイント”だったりするんです。









絶世の美女とうたわれたクレオパトラの鼻が、


ヨーロッパの女性の高い鼻と違い、



実は低かったのがよかった…とか、







日本も昔は、おたふくさんのような、


下ぶくれが美人だったり、


髪が長いことが美人の条件だったり、








美人の基準も、


時代によってずいぶんと変わるものだし、


人それぞれ美しい、可愛いと思う基準も違うもの。








何より、あなたがあなたらしくいれば、



それが一番チャーミングで魅力的、





…なんです。







なにしろ、あなたという人は、




世界でたった一人しかいない人、なのですから…。










****** 今日のオンリーワンセラピー ******


さあ、今日は、魅力的な笑顔美人になるコツ。




いいですか?





まずは、あなたのハートから、


相手に向けて、







やさしくレイ(花の首飾り)をかけてあげるように、






もしくは、


春のような暖かい陽射しが相手に降り注いでいるのを



イメージして、







“にっこり”と笑うんです。







あなたが無条件に、


相手に笑顔をなげかけて、


心の扉を自分から開くことで、






相手はあなたに無条件に、


心の扉を開いてくれます。



************************************
ジュエリーセラピーショップI*D
************************************
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 10:26Comments(0)オンリーワンセラピー

2007年05月12日

自分を育むセラピー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
もっと、オンリーワン!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



今回は、“育む”ことについて。




どんなに優れた植物の種でも、


発芽するには一定の期間が必要です。








そして、どんなに素晴らしい種でも、


ある季節にならなければ、


芽を出すことは、ありません。









もやしの種をまけば、すぐに芽が出て収穫ができますが、


桃栗3年、柿8年、というように、


大きくなる可能性のある種であればあるほど、




実がなるまでに時間がかかるものなのです。








もし、あなたが、



“自分には何の才能も、良さもない”と、



長いこと感じている人ならば、







あなたはとても大きな木に成長していく人、なんです。



そして、たくさんの実を実らせる人、なのです。









だから、



周囲の人がどんどん芽を出して、成功していっても、



ゆっくりじっくり成長していけば、いいんです。







焦らずに、自分のペースで、



ゆっくり自分を育てていけば、いいんです。








****** 今日のオンリーワンセラピー ******


さあ、自分の可能性を、“種”とすると、



あなたは一体どんな形で、


どんな大きさの種なのでしょうか?







色は?



重さは?



つるつるしてる?




それとも、ちょっとざらざらしてる?







あなたがイメージした、



その種を、心の中に埋めてみましょう。








そして、毎日、言葉をかけながら、



お水をあげるんです。








やさしい太陽の光を浴びて、



あなたから、愛情たっぷりのお水をもらって、



その種をどんどん育てていくのです。









やがて、その種が芽を出し、



地下に大きな根を張り、



葉が茂り、花が咲き、実を実らせる頃には、









きっと、あなたが“実らせたい”と思っていることが、



叶っているはずです。



**************************************
ジュエリーセラピーショップI*D
**************************************
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 11:38Comments(0)オンリーワンセラピー

2007年05月05日

自信

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
もっと、オンリーワン!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



今日は、“自信”について。




人は誰しも、初めて挑戦することには、


自信がないのが当たり前。






要領が分からないなりに、


ああでもない、こうでもないと、右往左往して、


失敗したりつまづいて、モタモタしながらやっていくうちに、









少しずつコツが分かってきたり、


意味が分かってきたり、


経験を重ねることで、慣れてきたりして、









少しずつそれが自信につながっていくものだと思うのです。







もし、


何もやったことがないのに、


自信ありげに豪語する人は、









自分を過信しているか、


それとも、豪語することで、自分の中にある


不安を払拭しようとしている人。









実際、


あの人はなんて自信たっぷりなんだろう…と、


感心してしまうような有名人の中の多くに、








実は、“最初は、自信がなかったんです。” と、



打ち明けてくれる人がいます。








最初は、不安で、なかなか動けなかった、という人も、


多くいます。








だから、


不安や自信がないのは当たり前、なんです。









不安を解消しようと躍起になったり、


自分に自信がつくまでは…と、先延ばしにするのではなく、








不安は“ある”ものとして受け止め、


自信は“やっていくうちについていくもの”だと悟り、


とりあえず、何か小さな事から始めてみるんです。









自分にプレッシャーがかからないことからやる。



…実は、それこそが一番成功する秘訣、なんです。









****** 今日のオンリーワンセラピー ******



何かに挑戦したいけど、


失敗したらどうしよう、


上手くいかなかったらどうしよう、



自分にできるかな…???



自分に自信がない。







…そんな時の自分って、一体どんな体感がありますか?








胸がそわそわする、


おなかのあたりが落ち着かない、


胸のあたりに黒いもやもやしたものがある、





そんな感覚やイメージと、ゆっくり対話してみるんです。





胸がそわそわしているなら、“そわそわちゃん”と、


黒いもやもやがあるなら、“もやもやくん”と、






…あなたは私に何を伝えようとしてくれているの?


…あなたは何のために、そこにいてくれるの?







そして、自分にしてほしいことを聞いて、


それをしてあげてくださいね。







コツは、“泣いている赤ちゃんをあやすように”


そうやって、自分と対話していると、


心が落ち着いて、安心していく自分がいるはずです。


**********************************
ジュエリーセラピーショップI*D
**********************************
  


Posted by ジュエリーセラピスト・マキ at 12:25Comments(0)オンリーワンセラピー
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
ジュエリーセラピスト・マキ
ジュエリーセラピスト・マキ
ジュエリーセラピスト
JewelryTherapySalon
“I*D(アイディー)”オーナー
オーナーへメッセージ